臨床工学技士に必要なものは知識や技術以外にも必要?|Professional
HOME>ホットトピックス>臨床工学技士に必要なものは知識や技術以外にも必要?

医師を支える縁の下の力持ち

手術で使用される機器を調整する為には専門の知識と動かす技術が必要です。臨床工学技士は主にその機会の調整や操作を行う役割を行っています。一見地味に思える仕事内容ですが、手術中は心臓の動きや手術を受ける人の体調を機会を使ってモニターするのが主流です。機器の調整がしっかりと行われていないと、手術中に患者に負担をかけてしまう恐れがあります。臨床工学士になりたいという人は専門学校で知識と技術を身につける必要があります。そんな臨床工学技士について専門学校に多い質問や疑問を集めてみました。

臨床工学技士になりたい人によくある質問

臨床工学技士になりたいのですが、大学と専門学校はどちらが良いですか?

どちらも専門的な知識と技術を学ぶ事ができます。学校に通う年数が長いのは大学です。早く現場に立ちたいという人は専門学校がおすすめです。

理系が苦手なのですが大丈夫でしょうか?

医療技術系の勉強は理系の知識が必要になってきます。入学の前に中学校や高校の理数系の復習しておく事をおすすめします。

実習などはありますか?

実習を行う時期は専門学校によって違いますが、入学して三年目に現地実習を行う所が多いです。

臨床工学士とは

男女

メディカルスタッフの一職種で、医学的、工学的な知識を持って医師の指示の下に生命維持装置を的確に操作したり、管理したりする医療従事者です。臨床工学技士とは、心臓を停止する必要がある手術の際、人工心肺装置で心臓と肺の機能を代行させるといった、大きな役割と責任を伴う医療の第一線において非常に重要な仕事です。患者の治療は、医療スタッフが1つのチームとなって連携して行いますが、その中でも最も医療機器に関する知識に長けた臨床工学技士は欠かせない存在です。

主な仕事内容

治療の補助として、生命維持装置である人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置を操作したり、装置の保守、点検を行ったり常に安全に使用できるように努めます。また、コミュニケーション能力も重要で、医師や看護師など他の医療従事者と話し合いながらの仕事が求められます。近年では医療機器のメンテナンスも臨床工学技士がおこなうので、病院だけにとどまらず機器を揃えたクリニックにも必要な存在で、様々な場所での活躍が期待されています。

求められる資質

臨床工学技士は日々高度化する医療機器を操作する専門家として、機械への興味、強い責任感、コミュニケーション能力などといった幅広い資質が求められますが、その分医療従事者の中でも重要なポジションで、やりがいのある仕事です。

広告募集中