最近注目されつつある医師事務作業補助の仕事内容を知ろう!|Professional
HOME>ホットトピックス>最近注目されつつある医師事務作業補助の仕事内容を知ろう!

メディカルクラークとは

女性

昨今人気の求人といえば医療系です。医療事務や登録販売者など根強い人気のあるものから、医師事務作業補助のような比較的新しいものまで様々なタイプの仕事が注目されています。医師事務作業補助と聞くと馴染みのない方も少なくないでしょう。この呼び方は正式名称ですが、一般的にはクラークという呼び方で知られています。病棟クラーク、メディカルクラーク、医療秘書など呼び方は病院によって異なります。医師不足と、それに伴う医師の過重労働が問題となっている今、少しでも医師の負担を減らし、円滑な医療行為が行えるようサポートするのがクラークの役割です。医師の指示の下、代行して診断書やカルテを記入するのが主な仕事です。クラークが居る事で医師はカルテではなく患者の目を見て診察が出来ますし、診察とカルテ入力が同時進行で行われるので、医師の負担減だけでなく診察の回転率にまで貢献する大事な仕事です。

仕事内容とメリット

医師事務作業補助が人気の理由は通信講座などによって比較的手軽に資格が取れる事です。基本的には資格がなくても務める事ができる仕事ですが、医療という特殊な現場での仕事になるため資格や実務経験が非常に大切です。医師事務作業補助の仕事では医師の代行で診断書を記入したり、カルテに診察録を入力したりします。その為、日々働いているだけで専門性の高い有益な医療知識が得られます。勤務先も病院である為、衛生的な環境で働けるし、カレンダー通り休みが確保されている事なども、特に子育て世代の忙しい女性に高い人気を誇る理由です。

他業務との違いは

医師事務作業補助と似たような医療系の仕事に医療事務や看護補助があります。こちらも同じく子育て世代の女性に人気が高い仕事ですが、それぞれ内容が異なりますので自分の得意を活かせるものを選ぶのが良いです。医療事務は受付から会計までをこなす病院の顔です。レセプト請求などお金関係の仕事もあります。看護補助はその名の通り看護師を補助する人。注射など医療行為に当たらない部分の介助を手伝います。一方の医師事務作業補助は基本がパソコン仕事。患者さんとのコミュニケーションが少なく、一人で作業できるという面にメリットを感じる人に人気の仕事です。

広告募集中