専門学校でマッサージの技術を学びたい人に知っておいて欲しい事|Professional

アスリートには欠かせない存在

プロのアスリート達は自分の肉体を限界まで追い込みスポーツの世界で戦います。ですが、頑張り過ぎてしまうあまり体を壊してしまう人も中にはいます。多くのアスリートは体の中の神経や筋肉に負荷をかけているので、その負荷や疲れを取り除くハリ師やマッサージ師は大切な存在です。そんなアスリート達を支えるマッサージ師やハリ師になりたい人は専門の資格を身につけないといけません。鍼灸柔整専門学校や大学に通う事で、専門の知識や技術を身につける事ができます。多くの学校はいくつかの科目に分かれて授業を行います。どんな科目があるのでしょうか?

鍼灸柔整専門学校にある学科の種類

  • 柔道整復科
  • 鍼灸マッサージ科
  • 鍼灸科

学びたいことの確認を

腰の治療

マッサージ師になるためには、東洋医学を学ぶ学校に通うことになります。これら学校に通うことで、あん摩マッサージ指圧師としての国家試験受験資格を有することが出来るのです。学校には、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の3つの国家試験を受験出来る所と、はり師・きゅう師の2つだけ受験資格を有する所やあん摩マッサージ指圧師のみの受験資格を有する所に分けることになります。また大学に通うとなると4年間学ぶことになり、専門学校になると3年間学ぶことになるのです。

施術の違いを知ること

女性

専門学校を選ぶ時には、自分がどの道に進みたいのかよく考えることが大事になります。そのためには知っておくべきことがあります。それがあん摩とは、患部を抑えたりなでたりすることで血の流れを良くする施術になり、マッサージとは手技を用いることで血の流れを良くする施術方法と言うことです。更に指圧となるとあん摩とか柔道療法を取り入れたもので、一点に圧を加える施術方法となっています。将来を考え、自分がどの道へ行くのを判断する大事な施術方法です。

入学に関して知るべきこと

整体師

あん摩マッサージ師になるためには、国家資格を有することが必要になります。そのためには高校を卒業することが第一歩になるのです。高校を卒業することが出来る条件で、大学や専門学校に入ることになります。これら学校で学ぶことは、鍼灸や柔道整復学などがあり、卒業と同時に試験を受けることになるのです。高校生の進路相談で先生と方向性を決めることが、大事なことになります。大学に進むのか専門学校へ進むのかも、両親と先生との納得の上が良いと思われます。専門学校へ入る時には、学校で用意されている必要な書類を用意して提出します。ホームページを見ることで、パンフレットの請求が出来るようになっています。

早めの対応も必要

整体師

マッサージ専門学校の多くは、定員があります。そのことから応募定員が一杯になった時は、入りたくても入ることが出来ません。学校の数も限られていることから、のんきに構えていると入学出来ないと言うことになりかねません。早めの対応をすることが良い方法になって来ます。

広告募集中